中目黒駅周辺はアクセスの良さから賃貸を探す候補地の一つです

中目黒駅は東急東横線と東京メトロ日比谷線が相互に乗り入れている駅で、東急東横線を利用して都内屈指の繁華街であるとともに情報発信基地である渋谷駅や中華街や我が国の開国の地であって異国情緒を漂わせる横浜方面と、東京メトロ日比谷線を利用して広尾や六本木、日比谷銀座方面と結ばれており、交通の利便性の高さから賃貸物件について申し上げると、とても人気が高い地域となっています。
中目黒周辺は学生や単身者向けの比較的専有面積が少ない1Kや1DKタイプのものから世帯向けの3DK、3LDK、4LDKまで幅広い住宅のニーズにこたえる物件が存在しており、そのタイプについてもアパートあるいはマンション形式のものから、一戸建てまで充実した物件数を誇っています。
都心部への近さという立地条件の反面、ターミナル駅や全国的にも有名な新宿、池袋、渋谷あるいは銀座といった観光客が訪れる繁華街ではなく知る人ぞ知るという地域であることから、芸能人やスポーツ選手、著名人といった方々が御しのびで訪れるおしゃれかつおいしい飲食店が比較的多いというのもこの町の特徴です。また駅名ともなっている地名は駅周辺の地域を指すものでありながら、駅自体は上目黒に位置しています。
周辺の環境は先述したようにあまり知られていないもののおいしい飲食店や、駅のガード下に立ち並ぶ焼肉屋や焼き鳥屋など懐に優しいお値段設定のお店もが図多く存在しています。そしてこの地の自然環境を感じることができる季節は、春の花見の時期といっていいでしょう。駅のすぐそばを流れる目黒川の沿道に桜の木が植樹されており、その季節には川面にかかる桜の枝ぶりと花びらの舞い散るさまが美しく、23区内でも上野公園の様な喧騒ではなく静かに花を愛でるという気分を味わうことができます。また落語で有名な目黒のさんまという噺から、近隣でさんま祭が秋には催され多くの近隣住民や周辺地域からのお客様が訪れます。さらには東京23区内の土地取得価格が割高であることを反映しているため、いわゆるナショナルブランドの大手スーパーマーケットチェーンは少なく、地元商店街が活気にあふれているため日常の食料品の購入についても楽しむことができる地域といえます。
この地域の賃貸物件の相場はワンルームで8万円強から世帯向けの3LDKで25万円程度といわれています。学生や単身者向けの物件であれば築年数や居室面積などについてある程度のこだわりを捨てるのであれば、4万円弱の家賃設定から物件を見つけることが可能です。